ビデオ・ビューポイント

当社ビジネスの中心となるのは、経験豊かな投資プロフェッショナルや各セクター専門のアナリスト、クリエイティブな考えを持った人たちです。 今日の市場について、彼らの見解に耳を傾けてみてください。

すべてのビデオ

ビデオのトランスクリプト

           

  

金鉱株収益、予測、および見直し


JOE FOSTER: 金企業の第4四半期決算発表シーズンに突入しようとしています。これら金企業は、当社の予測を達成したのでしょうか?


IMA CASANOVA: 当社が追跡する企業のほとんどは、第4四半期の決算を発表しました。決算に関していえば、半分より少し少ない企業が予測に達しなかった一方で、残りの半分の企業は予測を達成した、または予測を超過する業績を上げました。 積極的な要素として、到達しなかった理由が、一般経費や経営費、生産、利子、税金などより低かった販売など、非営業項目によるものであった点です。経営成績は、実際大方予測通りと言ってよいでしょう。 結果として、市場は、コストパフォーマンスや経営成績により焦点を合わせ、収益予測を満たさなかった企業に制裁を加えることにはなりませんでした。


FOSTER: それで、市場は特別項目の過去に目を向け、これら企業に実際に何が起こっているのかに関する最終的結果を見ることができました。


IMA: そうです。 財務的結果と同時に、金企業は引当金見直しを作成し、採掘計画を変更しており、中には自身の配当を減らす必要があった企業もありました。これらは、鉱業企業が一年の終わりに行うことです。 市場の反応は、これら切り下げや機能低下の類に予測されるものとは異なっていました。市場はこれを、低い金価格の環境に対する反応としてとらえ、これらの企業はこの環境を生き残るために行うべきことをしているのである、という認識となりました。 同時に、これらの企業は、投資家が望むこと、つまり費用面でより統制をとり、利益率を上げるということを行ってもいます。 セクターとしての金関連株は、今年の今までのところうまく行っていると言ってよいでしょう。


 

 

費用の管理


FOSTER: 金産業は、ここ何年もに渡ってコストの上昇と言う恐ろしい期間に耐えてきました。この状況は、2013年幾分和らいだようです。今進展している傾向をご存じの方はいらっしゃいますか?2014年に入って、何を求めていくのでしょうか?


CASANOVA: 2013年には、コストの減少傾向を観察することになりました。四半期を通じてコストを監視しますが、第3四半期には、第2四半期よりコストは改善され、たった今検討した第4四半期の結果は、第3四半期よりわずかに改善されています。 2014年向けに、企業にはガイダンスが提供されました。 概して、2014年のコストの減少は予測されておらず、比較的横ばい傾向があることが予測されています。 しかし、コスト削減のイニシアチブが昨年多くの企業で実施され、今年もまだ引き続き実施・展開されていることを考えるなら、コストが削減され続けたとしても驚くには値しません。 加えて、外国通貨が安くなっているため、このセクターで事業展開する多くの企業にとって、米ドルのコストが低くなる結果となっています。


FOSTER: 四半期の報告で見た通り、市場はたくさんの混乱を見抜いており、株価値動きは市場がこれら金関連株における今年の予測を、より積極的なものと見ていることを示していると思います。


 

CASANOVA: そうです。 この調子で進んでくれることを期待しましょう。


- - - - - - - - - -

重要な開示情報


示された見解と意見は話し手の見解と意見であり、ビデオの投稿日現在で最新のものです。 ビデオの解説は一般的なものであり、投資アドバイスとして解釈されるべきではありません。 意見は市場状況によって変化することがあります。 実績に関するあらゆる情報は将来の結果を保証するものではありません。 ヴァン・エックのファンド、マーケット・ベクトルETF、またはファンドパフォーマンスに関する詳細情報は、vaneck.comをご覧ください。 ビデオの解説内で言及された特定の証券に関するいかなる議論も、それらの証券の販売または購入の勧誘を提案するものではありません。 ファンドの組入銘柄は変化します。 言及されたすべてのインデックスは、一般的な市場セクターおよびパフォーマンスを測定したものです。 インデックスに直接投資することはできません。 組入銘柄、パフォーマンス、およびインデックスに関する情報は、vaneck.comでご覧いただけます。  


 

ヴァン・エック証券会社は、本ビデオに含まれるアセットクラスに投資する投資商品を提供していることにご注意ください。 金への投資は、国際的な経済・財政・政治上の進展により大きく影響を受けることがあります。 金関連株は、金産業に特有の進展により価値が下落することがあり、利子リスクおよび市場リスクの影響を受けます。 外国証券への投資には、ある国や地域に特有の不利な政治的経済的発展、為替変動や通貨管理、ならびに相当額の補償のない財産奪取や禁止税の課税などの外国政府による専制的行為に関連するリスクが含まれます。

 


本資料のいかなる部分も、ヴァン・エック証券会社の書面による明確な許可がない限り、あらゆる形の複製、または他の発行物での言及を禁じます。 ©2014ヴァン・エック・グローバル

販売会社 ヴァン・エック証券会社

335 Madison Avenue, New York, NY 10017