ビデオ・ビューポイント

当社ビジネスの中心となるのは、経験豊かな投資プロフェッショナルや各セクター専門のアナリスト、クリエイティブな考えを持った人たちです。 今日の市場について、彼らの見解に耳を傾けてみてください。

ハード・アセット

ビデオのトランスクリプト

              

  

年初来の実績レビュー


ROLAND MORRIS: 2014年第1四半期において、hほとんどのインデックス商品は特に穀物、コーヒー、タンパク質などのソフト商品に後押しされ、相当プラスのリターンを生み出しました。 これらの商品価格上昇は、市場が予期していなかった供給問題により引き起こされたものと考えています。 ブラジルでは乾燥した天候が深刻となっており、今年の冬のブラジルの穀物収穫に打撃を与えると思われます。 加えて、コーヒーの収穫にも影響が生じます。米国では、豚の群れにウイルスが発生し、豚市場において非常に高い緊張がもたらされており、代替の他の肉を含めすべての肉の価格が上昇する結果となりました。当社は、これらセクターで非常に高い成績を上げており、これにより、第1四半期において大部分のインデックス商品にプラスのリターンをもたらす推進力となりました。


供給停止


MORRIS: 供給停止は、ほとんどのインデックス商品におけるプラスのコモディティ業績に関与していると思います。 今年の今後を見通してみると、南アフリカにおけるプラチナ、パラジウム、金の生産に関連した供給問題が継続しています。 労働問題を抱えており、現在のところ生産は全く行われていません。加えて、インドネシアは精錬していないベースメタルの輸出を許可しておらず、それにより、ニッケル市場に高い緊張がもたらされています。市場が予期していなかった供給問題も存在します。 さらに、これらの供給問題は、長引く可能性もあります。


地政学的観点から見ると、ロシアにおける緊張が高まり続ける場合、特にパラジウムやニッケルなどのベースメタルの供給に関する別の問題が生じる可能性もあります。


2014年の向い風要因


MORRIS: 短期では、コモディティの需要は幾分疑わしい状況が続きます。 新興国市場の成長傾向、特に中国の成長に関する懸念も拭い去ることはできません。 長期で見ると、これらの国々の経済は再びバランスを取り戻し、今年の後半、または2015年に成長し始めるようになると思われます。これは、米国の信用サイクルに合わせる新興国市場の問題であり、現在その調整を行っている途上にあると考えています。 短期ではゆっくりとした成長となりますが、長期では積極的な人口統計、および積極的な成長傾向を見ることができ、これがコモディティ需要を再燃させると考えられます。加えて、特にベースメタルにおける現在の供給制約は、全体的な産業が工業用金属セクターにおけるいわゆる長期サイクルコモディティを削減せざるを得なくなり、長期化するであろうと見られています。 鉱山開発や投資は縮小されており、今後の供給に関して合理的に考える必要が生じています。これを新興国市場での長期的プラスの傾向と組み合わせ、当社では、長期的にはコモディティが業績を上げると考えています。


- - - - - - - - - -

重要な開示情報


示された見解と意見は話し手の見解と意見であり、ビデオの投稿日現在で最新のものです。 ビデオの解説は一般的なものであり、投資アドバイスとして解釈されるべきではありません。 意見は市場状況によって変化することがあります。 実績に関するあらゆる情報は将来の結果を保証するものではありません。 ヴァン・エックのファンド、マーケット・ベクトルETF、またはファンドパフォーマンスに関する詳細情報は、vaneck.comをご覧ください。 ビデオの解説内で言及された特定の証券に関するいかなる議論も、それらの証券の販売または購入の勧誘を提案するものではありません。 ファンドの組入銘柄は変化します。 言及されたすべてのインデックスは、一般的な市場セクターおよびパフォーマンスを測定したものです。 インデックスに直接投資することはできません。 組入銘柄、パフォーマンス、およびインデックスに関する情報は、vaneck.comでご覧いただけます。


ファンドに投資することで金銭的損失を被ることがあります。 ファンドへのあらゆる投資は、全体的投資プログラムの一部でなければならず、完成されたプログラムであってはなりません。 コモディティとは、石油、金属および農業などの有形財産を含む資産のことです。 コモディティおよびコモディティ関連デリバティブは、市場の全体的な動向、および特定の産業やコモディティの価値に影響を与える他の要素(天候、病気、通商禁止、または政治的進展・規制の進展など)によって影響を受けることがあります。 コモディティ関連デリバティブの価値は、一般的には、コモディティ、コモディティ先物取引、コモディティインデックス、およびコモディティ市場における他の経済的変数の価格変動に基づいています。 デリバティブは、レバレッジを使用し、損失を大きくする可能性もあります。 ファンドは、コモディティ関連デリバティブへの投資に関連したリスク、完全子会社への投資リスク、トラッキング・エラーのリスク、積極的投資手法のリスク、レバレッジのリスク、デリバティブのリスク、カウンターパーティのリスク、非分散リスク、クレジットリスク、集中のリスク、および市場リスクの影響を受けることがあります。 スワップ、コモディティ関連仕組債、先物取引などのコモディティ関連デリバティブの使用は、元本の相当額を損失するリスク、流通市場の欠落、高いボラティリティ、相関リスク、流動性リスク、利子リスク、市場リスク、クレジットリスク、評価額に関するリスク、税金リスクなど、多大なリスクを伴います。 デリバティブの投機的立場からの収益および損失は、デリバティブのコストより大幅に大きくなることがあります。 ファンドが保持する個々の証券の損失リスクは、証券価値の50%より大幅に高くなることがあります。 コモディティ市場への投資は、どの投資家にとっても適切であるわけではありません。 コモディティ関連デリバティブインストルメントへのファンドによる投資は、従来の証券への投資に比べて非常に高いボラティリティに直面する可能性があります。 これらのリスクの説明、およびその他のリスクに関する詳細は、ファンドの目論見書を参照してください。この目録見書は、投資を行う前に注意して読む必要があります。 ファンドは、コモディティ関連スワップに投資を行うことにより、投資家が幅広いコモディティ市場へ投資を行うことができるようにしています。


 

投資には、元本の損失を含むリスクが伴います。 投資の際は、投資会社の投資目標、リスク、手数料、経費などを考慮してください。 利率が上がると、債券および債券ファンドの価値は下がります。 投資する前に 目論見書または要約目論見書を よくお読みください。


 

 

本資料のいかなる部分も、ヴァン・エック証券会社の書面による明確な許可がない限り、あらゆる形の複製、または他の発行物での言及を禁じます。 ©2014ヴァン・エック・グローバル

販売会社 ヴァン・エック証券会社

335 Madison Avenue, New York, NY 10017