ビデオ・ビューポイント

当社ビジネスの中心となるのは、経験豊かな投資プロフェッショナルや各セクター専門のアナリスト、クリエイティブな考えを持った人たちです。 今日の市場について、彼らの見解に耳を傾けてみてください。

お勧め動画

ビデオのトランスクリプト

         

  

 

最近の連銀による発表 


 

FRAN RODILOSSO: 2014年第2四半期の米国の利率とクレジット市場は何らかの困難に直面しそうな様相です。連銀は3月の会議でいくつかの点を再度強調しました。まず、金融政策は今後も調整が続くでしょう。2015年よりも前に利率が上がるとFOMCは予測していません。2016年にずれこむという向きさえあります。同時に連銀は漸減を続けると示唆しています。あらかじめ予定を決めるのではなく、債券購入を毎月、100億ドル減らすようです。


 

貸出先企業は相変わらず健全な状態で、債務不履行率も低くおさえられています。2013年にはクレジットの基盤がいくぶん悪化したため、2014年第1四半期の結果を待っているところです。全般的に企業はわずかにレバレッジが増え契約構造のよくない取引が増えました。しかし、レバレッジド・バイアウト保険やM&A関連保険の金額、大規模な債務不履行という点では、前回のクレジット・サイクル終了前または同サイクルを上回るほどのレベルではありません。


 

 

米国の利率とクレジット・リスク 


 

RODILOSSO: 米国の利率という点では、2013年には10年国債の利回りは約3%でした。3月中旬から下旬にかけては2.7%を下回っていました。3月の連銀の会議後は約2.75%に戻りました。第1四半期でも、10年国債のレートが4%になるリスクがあったと多くの人が考えています。市場にはまださらに大きなリスクがありますが、第2四半期には2.6~3%になると見る向きが多く、これが現実になれあ多くの金融市場にとって好材料となります。


 

漸減が行われ、連銀による財務省証券やモーゲージ証券の購入が減っても利率が変化するのであれば、短期利率はかなり低いままになるはずです。まだ政策の調整が続いており、市場はかなり流動的です。発行者は低い利率を利用して利息費用を減らし満期を引き伸ばしており、これがクレジット市場に奏功しています。恒久的にこのサイクルにとどまれるわけではありませんが現時点では利率リスクはまだクレジット・リスクよりもわずかに高いと私は考えています。ただし、この関係はより緊密になっている可能性があります。


 

米国社債の価値? 


 

RODILOSSO: クレジット市場はまだ健全だと私は思います。1年前はより短期的な投資グレードの債券、または利回りが高く利率の影響を受けにくい債券によって得られるリターンについて話しやすかったのですが現在は評価がいくらか複雑になっています。昨年は利率の上昇に伴ってスプレッドがタイトになり、開始点での評価がタイトでした。あらゆるタイプのネガティブな借入れが生じているわけではありませんがこれはすでに起きているというアナリストもいます。私自身は2005年から2007年ほどのレベルにはなっていないと考えており、それほど懸念もしていません。高いということとバブルは違います。現在は「高い」と言えるでしょう。米国ではクレジット市場でバブルが生じていると言うのはさらに難しいと思います。


 - - - - - - - - - -
 

 

重要な開示情報 


 

 

ここに示された見解と意見は話し手の見解と意見であり、ビデオの投稿日現在で最新のものです。ビデオの解説は一般的なものであり、投資アドバイスとして解釈されるべきではありません。意見は市場状況によって変化することがあります。実績に関するあらゆる情報は将来の結果を保証するものではありません。Van Eckのファンド、マーケット・ベクトルETF、またはファンドパフォーマンスに関する詳細な情報については、vaneck.comをご覧ください。ビデオの解説内で言及された特定の証券に関するいかなる議論も、それらの証券の販売または購入の勧誘を提案するものではありません。ファンドの組入銘柄は変化します。言及されたすべてのインデックスは、一般的な市場セクターおよびパフォーマンスを測定したものです。インデックスに直接投資することはできません。組入銘柄、パフォーマンス、およびインデックスに関する情報は、vaneck.comでご覧いただけます。


 

Van Eck Securities Corporationは、このビデオに含まれるアセットクラスに投資する投資商品を提供していることにご注意ください。債券は利率リスクとクレジット・リスクを伴います。利率が上がると、債券および債券ファンドの価値は下がります。債券は利率リスクとクレジット・リスクを伴います。利率リスクとは、利率が上がると債券の価値は通常下がること、またその逆の事態を指します。クレジット・リスクとは、発行者の財務状況の悪化による、投資における損失のリスクのことです。証券は繰り上げ償還リスクを伴います。当ファンドは利益をそれまでよりも低い利率で再投資しなければならなくなる場合があり、当ファンドの収益が減ることになります。 


投資には、元本の損失を含むリスクが伴います。投資の際は、投資会社の投資目標、リスク、手数料、経費などを考慮してください。利率が上がると、債券および債券ファンドの価値は下がります。投資する前に目論見書と要約目論見書をよくお読みください。
 

 

マーケット・ベクトル上場投資信託(ETF)の純資産額(NAV)は毎営業日市場引け時のファンド1株当たりの米ドル価値を示し、ファンドの全資産から全負債を差し引き、それを発行済み株式数で除して算出します。NAVは必ずしもETFのイントラデイ取引価格とは一致しません。マーケット・ベクトルETFの投資家は、NAVでシェアを売買できると想定するべきではありません。


 

ファンドの株式を個別に償還することはできません。ファンドの株式は、「クリエーション・ユニット」と呼ばれる、複数の株式をまとめた大口の指定ブロック毎に認定ブローカー・ディーラーを通してのみ純資産価格(NAV)にて発行および償還されます。それ以外の場合は、取引所を通してのみ売買できます。クリエーション・ユニットは原則として現物で発行および償還されます。流通市場では、NAVにプレミアが付いた価格、またはディスカウントされた価格で取引される場合があります。流通市場でファンド株式を取引するとブローカー手数料が発生します。過去の実績は将来の結果を保証するものではありません。実際のファンドの投資リターンは、タイミングや投資金額、手数料や経費の違いによって、ここに示すものとは異なる場合があります。


 

 

本資料のいかなる部分も、Van Eck Securities Corporationの書面による明確な許可がない限り、あらゆる形の複製、または他の発行物での言及を禁じます。© 2014 Van Eck Global.

 

販売会社:Van Eck Securities Corporation

 

335 Madison Avenue, New York, NY 10017