ビデオ・ビューポイント

当社ビジネスの中心となるのは、経験豊かな投資プロフェッショナルや各セクター専門のアナリスト、クリエイティブな考えを持った人たちです。 今日の市場について、彼らの見解に耳を傾けてみてください。

すべてのビデオ

ビデオのトランスクリプト

米国における収穫高


 

SAM HALPERT: 収穫高という点では、米国は去年を非常に良い結果を持って 締めくくりました。米農務省(USDA)は、1エーカー当たり160ブッシェル以上という収穫高 に関する統計を発表しました。これは予想を超えるものです。エーカー当たりの数字にはなっていますが それでもトウモロコシは高い収穫高を記録しました。 また、大豆の収穫高も高いものでした。一昨年は干ばつとなりましたが、 その後収穫高が通常に戻ることが期待されていました。それでも収穫高がさらに伸びる 余地があると考えられています。


再生可能燃料基準


 

HALPERT: (RFS、Renewable Fuel Standard)は、2014年に改正されると見られています。 燃料基準に関係した様々な 構成要素から、大きな圧力がかかっています。これは、ガソリンの需要が時代遅れであるという予測に基づいており、これが変化すると考えています。最も効果的な仕組みの変化とはならないとしても、最終結果としてトウモロコシの需要が低くなり、来年の価格にマイナスの影響が及ぶ可能性があります。


 

南米の予測


 

HALPERT: 米国の収穫高予測に続いて、 南米の収穫高もかなりのものになると見られています。実際、大豆農家にとっては大きな収益となることが予想されます。現在も高い水準の価格が続いているからです。通常の天候であれば、豊作となると予測されており、南米の収穫高も高いものとなるでしょう。これにより、来春の大豆価格に圧力がかかる可能性があります。


農業ビジネス株式の予測


HALPERT: 米国の収穫高も南米の収穫高も通常に戻り、豊作となりましたが、株式という印鑑店では、それは何を意味するのでしょうか?近年では、肥料セクターが苦しんでいます。おそらく底値に苦しんだことと考えられます。しかし、業界内の不一致という点を考慮すると、さらに炭酸カリウムはさらに下落する可能性もあります。


HALPERT: また、タンパク質も良い結果となっていると思います。面白いのは、タンパク質の供給を確保することがいまだに問題になっている一方で、タンパク質の需要もある、ということです。中国は、今年、世界最大の豚肉生産企業スミスフィールドを買収しました。このようなことを残念に思う必要はなく、これはタンパク質供給を増やす必要があることを強調しているに過ぎないと思います。最後に、最も関心を引くエリアとして種子があると思います。  


HALPERT: このエリアに関しては、例えば大豆を見ても、2012年の干ばつの年でさえ、収穫高の変動が小さくなっています。これは、主に技術の進歩によるものであると思います。種子に関する技術は別にしても、装置関連技術によっても収穫高にプラスの影響がもたらされています。ジョン・ディアなどの企業は、施肥をより正確に行う農家の能力に対して大きな影響力を持っており、畑がどうなっているのかを理解することができます。


- - - - - - - - - -

重要な開示情報


示された見解と意見は話し手の見解と意見であり、ビデオの投稿日現在で最新のものです。ビデオの解説は一般的なものであり、投資アドバイスとして解釈されるべきではありません。意見は市場状況によって変化することがあります。   ビデオの解説内で言及された特定の証券に関するいかなる議論も、それらの証券の販売または購入の勧誘を提案するものではありません。言及されたすべてのインデックスは、一般的な市場セクターおよびパフォーマンスを測定したものです。インデックスに直接投資することはできません。実績に関するあらゆる情報は将来の結果を保証するものではありません。ヴァン・エックのファンド、マーケット・ベクトルETF、またはファンドパフォーマンスに関する詳細情報は、vaneck.comをご覧ください。


ヴァン・エック証券会社は、本ビデオに含まれるアセットクラスに投資する投資商品を提供していることにご注意ください。ハードアセットへの投資は、不動産、貴金属、天然資源、およびコモディティに関連するリスク、ならびにこれらの業界、外国への投資、非流動性、信用、利率の変動、インフレ、レバレッジ、および非分散に関連する事象を伴います。外国証券への投資には、ある国や地域に特有の不利な政治的経済的発展、為替変動や通貨管理、ならびに相当額の補償のない財産奪取や禁止税の課税などの外国政府による専制的行為に関連するリスクが含まれます。ファンドの 目論見書および要約目論見書を よくお読みください。


 

本資料のいかなる部分も、ヴァン・エック証券会社の書面による明確な許可がない限り、あらゆる形の複製、または他の発行物での言及を禁じます。© 2013 ヴァン・エック証券会社

販売会社 ヴァン・エック証券会社

335 Madison Avenue, New York, NY 10017